どのフルトラデバイスが遮蔽物に強い?VIVEトラッカー、ハリトラワイヤレス、ユニモーションで試してみた

■English Page Here

ヒロヒロ
こんにちは!フルトラ研究所所長のヒロです。当記事はスクショ転載NGです。詳しくはサイト内のルールをご確認ください。長文のため、PCで見ることをお勧めします。

どのフルトラデバイスが遮蔽物に強いのか、VIVEトラッカー、ハリトラワイヤレス、ユニモーションでテストしてみました。テスト以前にお知らせですが、カメラ方式(TDPT等)はそもそも映っていないと意味がないので、カメラ方式は対象外です。基本的に遮蔽はNGと覚えておいてください。この点ご了承ください。

VIVEトラッカーは布一枚で飛びます

膝トラッキングはスカート一枚でも飛びます。

下方向が空いていても、上方向がかぶさってしまったらベースステーションから受光できないからです。

 

膝トラッキングの有無と動きの違いについて

ここで、膝トラッキングの有無について説明します。膝トラッキングなんていらねという人が結構います。膝トラッキングありだと、反対側の足と膝が交差するような動きのときに、しっかりと交差しているのがわかります。しかし、遮蔽物があると、膝が思わぬ方向に飛んでしまいます。膝にちゃんと接触しての交差を表現できるのが、膝トラッキングの特徴です。

また、トラッキング点数が多いと純粋に飛びづらくなります。腰はよく飛んでいく一例なのですが、他のトラッキングポイントがあると、そこで抑えて、トビを防ぐことができます。

 

■毛布をかぶせてみました【VIVEトラッカー】

毛布だと当然飛びます。こんな感じでぐちゃぐちゃです。毛布はニトリやカインズで売っている市販のものです。毛布に限らず、薄いハンカチのような布でも飛びます。

 

 

■Unimotionは強い

トラッカーとPC間に遮蔽物がある環境で、トラッカーとベースステーション間に遮蔽物がない有利な以下の環境でトライした結果、以下になりました。この際ハリトラワイヤレスはUB500を利用しています

 

ハリトラワイヤレスのFPSが出ないのは、現在調査中で、この動画も更新予定ですが、遮蔽物一枚取り除くと動きが改善することから、遮蔽物は若干影響を与えていることがわかります。この結果から、ハリトラワイヤレスとユニモーションでは、ユニモーションのほうが、強いような結果が現状出ています。